製品情報

小電力型ワイヤレスシステム(送信機シリーズ)

ソーラー電源型赤外線センサ送信機 TXF-108
4周波切替対応型

配線不要のソーラー電源型赤外線センサ送信機
最大警戒距離を屋外100mに拡大

ソーラー電源型赤外線センサ送信機 TXF-108 4周波切替対応型

データダウンロード

種類 形式 ファイル名 選択してダウンロード
製品写真 JPGファイル Pic_TXF-108.jpg
仕様書 PDFファイル Spec_TXF-108.pdf
製品カタログ PDFファイル Cat_TXF-108.pdf
外形寸法図 DXFファイル Dim_TXF-108.zip
外形寸法図 PDFファイル Dim_TXF-108.pdf
※タブレット端末でZIPファイル(検知エリア図 [DXF]、外形寸法図 [DXF]、PCソフトウェア)を
ダウンロードする場合は【ファイル名】の箇所より選択し個別にダウンロードをお願いします。
([選択してダウンロード]からでは、ダウンロードしたファイルが開かない場合があります。)

↑ページの先頭に戻る

特徴

特長

●赤外線センサーの警戒距離を屋外100mに拡大(従来品は屋外75m)
●電源は投光器・受光器ともソーラー式電源ユニットで供給します。
●警戒距離は屋外100mで、感度余裕100倍、距離余裕10倍の4段ハイパワービームセンサーです
●相互干渉や回り込みが避けられる変調周波数切替機能を搭載
●IP43相当保護構造

配線不要

電源は投光器・受光器ともソーラー式電源ユニットで供給しタンパー・警報信号・電池切れ出力などの信号を電波で送信するので、電源工事やコントローラへの配線を行う必要がありません。

鳥や小動物を寄せ付けない

ソーラーパネルの天面にバードストッパーを取り付けるだけで、鳥などが寄り付きにくくなり、糞などがパネル表面に付着することで起こる発電効率の低下を低減します。

3つの異常報知

●バッテリーの電圧低下をお知らせする電池切れ報知機能
●いたずらを知らせるタンパー機能
●送信機が正常かを監視する定期送信機能

送信周波数切替機能

送信周波数を4種類から選択して切り替えることで、混信の危険性を低減することができます。

↑ページの先頭に戻る

仕様

品名 ソーラー電源型赤外線センサ送信機(4周波切替対応型)
品番 TXF-108
検出方式 近赤外線ビーム遮断方式(4段ビーム同時遮断方式)[二重変調方式]
使用赤外線 LED(近赤外発光ダイオード)による2重変調パルスビーム
警戒距離 屋外100m以内
距離余裕(最大到達距離) 10倍(1000m)
検知応答時間 0.05秒~0.7秒(ボリュームにて可変)
アラーム表示灯 警報出力時:赤色点灯(受光器のみ)
受光感度表示灯 受光感度減衰時:赤色点灯(受光器のみ)
光軸調整範囲 水平方向:±90° 垂直方向:±20°
内蔵バッテリー 専用バッテリー BA-75(小形シ-ル鉛蓄電池6V・7.2Ah)
バッテリー電圧低下表示灯(赤色) バッテリ-電圧低下時:点灯
ソーラーパネル出力電圧 最大8.4V(放射照度1kW/㎡)
ソーラーパネル出力電流 最大0.18A(放射照度1kW/㎡)
ソーラーパネル調整範囲 水平方向:360° 垂直方向:0~90°
使用周波数帯 426MHz帯 4波 (小電カセキュリティシステムの無線設備)
出力 10mW以下
空中線 内蔵型
電波到達距離 約100m(見通し距離)
表示灯 送信時…点灯 電池切れ時…点滅(赤色LED)
設置場所 屋外(防雨構造 IP43相当)
使用可能周囲温度 -10~+50℃
配線接続 端子式
付帯機能 赤外線センサー:変調周波数切替機能・サウンドチェック機能・投光パワー切替機能・モニター出力機能・タンパー機能・検知応答時間切替機能・上段/下段切替機能・ワイヤレス光軸チェッカー接続機能
送信機:送信周波数切替機能・電池切れ報知機能・定期送信機能・タンパー機能
ソーラー式電源ユニット:電池切れ報知機能・テスト送信機能・タンパー機能
質量 赤外線センサー:投光機:約1,500g
(1台)    受光器:約1,550g
電源ユニット :約2,600g
ソ-ラ-パネル:約600g(接続コード除く
外観 赤外線センサー:樹脂(ワインレッド)
電源ユニット :樹脂(ブラック)
ソ-ラ-パネル:アルミ(シルバー)
価格 311,000円

↑ページの先頭に戻る