製品情報

バスネットシステム

コントローラ BUS-C800

【省配線/省施工で操作性に優れた高速の情報伝達システム】
時分割多重伝送方式を採用していますので、長距離でも多点数の伝送が可能になり、従来のリレー接点式に比べて省施工、省配線と高い信頼性を両立させています。

コントローラ BUS-C800

データダウンロード

種類 形式 ファイル名 選択してダウンロード
製品写真 JPGファイル Pic_BUS-C800.jpg
仕様書 PDFファイル Spec_BUS-C800.pdf
製品カタログ PDFファイル Cat_BUS-C800.pdf
外形寸法図 DXFファイル Dim_BUS-C800.zip
外形寸法図 PDFファイル Dim_BUS-C800.pdf
外形寸法図 GIFファイル Dim_BUS-C800.gif
PCソフトウェア ZIPファイル Software_BUS-C800.zip.zip
※タブレット端末でZIPファイル(検知エリア図 [DXF]、外形寸法図 [DXF]、PCソフトウェア)を
ダウンロードする場合は【ファイル名】の箇所より選択し個別にダウンロードをお願いします。
([選択してダウンロード]からでは、ダウンロードしたファイルが開かない場合があります。)

↑ページの先頭に戻る

特徴

高速の情報交換

当社のバスネットシステムはコントローラから端末機器に向かって繰り返し呼びかける「ポーリング方式」を採用しています。伝送は時分割多重伝送方式によって行われるので伝送速度も1台あたり8msecしか掛かりません。

最大255台の端末機器を1台のコントローラで制御

端末機器に装備されているスイッチでアドレスを1~255まで設定します。あとはコントローラ側の登録設定だけで端末機器の登録が可能です。1~30までのグループに登録することにより、グループ出力、メモリー表示の運用管理ができます。
現場のレイアウト変更などがあっても、全てコントローラ側で簡単に変更ができるので運用のフレキシビリティが保てます。

省配線/省施工

コントローラから各種バスネット専用端末機器への配線は2芯で信号の伝送を行うことができ、個別に配線を行う必要がないので簡単に配線できます。
一般的な4芯(電源2本信号2本)のAE(OP)線0.9mmφが使用できます。

外部シリアル通信機能

シリアル通信(RS-232C)D-sub9ピンに変換してPCと通信します。通信内容は、警報出力の制御、警戒・解除の制御、環境異常、機器異常、電圧低下、タンパー異常、断線警報などの出力を通信できます。

豊富なバスネット端末機器

パッシブセンサーを始め、赤外線センサー、シャッターセンサー、ガラスセンサーなどの警戒用センサーを7シリーズ21機種が揃っています。バスネットに対応していない機器の接続も、接点入力ユニット、接点出力ユニットを使用することで、システムに組み込むことができます。
火報機器、設備機器などの異常信号(接点出力型)も同一コントローラに組み込むことができます。
中継機も現場のレイアウトの拡張、変更に合わせて後から伝送ラインに追加することができます。

↑ページの先頭に戻る

仕様



価格 250,000円

↑ページの先頭に戻る