会社概要

沿革

1972年(昭和47年) 1月 竹中エンジニアリング(株)設立
10月 赤外線センサー(警戒距離200m)開発
1975年(昭和50年) 8月 東京営業所開設
9月 赤外線センサー(警戒距離300m)開発
1978年(昭和53年) 3月 スペース・センサー(多重立体警戒用)開発
1981年(昭和56年) 11月 資本金を5000万円に増資
12月 (社)中小企業研究センター賞(特別奨励賞)受賞
1982年(昭和57年) 7月 対米貿易の拠点として現地法人、TAKEX AMERICA.INC.(カリフォルニア)設立
1983年(昭和58年) 9月 福岡営業所開設
1984年(昭和59年) 11月 TAKEX北花山ビル竣工
11月 大阪、名古屋、京都営業所開設
1985年(昭和60年) 2月 世界初のメモリーリセット付ガラスセンサー開発
12月 世界初ワイヤレスガラスセンサー開発
1986年(昭和61年) 3月 札幌営業所開設
7月 広島営業所開設
1987年(昭和62年) 2月 世界初磁気抵抗式シャッターセンサー開発
4月 科学技術庁より(科学技術庁長官賞)受賞
11月 世界初インテリジェント・パッシブセンサー開発
1988年(昭和63年) 8月 世界初4段ビーム式赤外線センサー開発。商品事業部制度導入
1989年(平成元年) 11月 資本金を7500万に増資
1990年(平成2年) 3月 イギリスに現地法人、TAKEX EUROPE LTD.設立
5月 社長竹中新策がセンサー開発で「黄綬褒賞」受賞
1991年(平成3年) 10月 世界初ファジイ型パッシブセンサー(PA-5300シリーズ)開発
1992年(平成4年) 8月 4段ビーム式赤外線センサー開発
1994年(平成6年) 7月 新型カプセルカメラ・スペースカメラ開発
1995年(平成7年) 2月 小電力型ワイヤレスセキュリティシステム開発
1996年(平成8年) 3月 仙台営業所開設
10月 大宮営業所開設
1997年(平成9年) 1月 横浜営業所開設
7月 熊本営業所開設
11月 金沢営業所開設
12月 高松営業所開設
1998年(平成10年) 3月 千葉営業所開設
5月 ツインミラー型パッシブセンサー(PA-6612)開発
9月 静岡営業所、神戸営業所開設
1999年(平成11年) 1月 新ブランド「TAKEX」コーポレートブランド統一
8月 ソーラー電源型赤外線送信機(TX-108シリーズ)開発
9月 立川営業所開設
10月 新社屋TAKEX東野ビル本館竣工
10月 税務署より優良申告法人に認定
2000年(平成12年) 10月 TAKEX東野ビル北館竣工。本社機能を全て移転
10月 ツインミラー型パッシブセンサー(PA-6612)が京都府技術大賞を受賞
11月 TAKEX西野ビル(配送センター)運営を開始
2001年(平成13年) 1月 長野営業所開設
3月 高画質記録装置ハードディスクレコーダー(HDR-1)開発
4月 新型セキュリティコントローラ3機種(C-600シリーズ)開発
10月 郡山営業所開設
2002年(平成14年) 2月 ツインミラー型パッシブセンサーが日本発明振興協会より発明大賞を受賞
7月 不法投棄監視・警報システム発明
10月 センサー付きカメラ(PVCシリーズ)開発
2003年(平成15年) 6月 漏水センサー(EXLシリーズ)開発
9月 高崎営業所開設
2004年(平成16年) 7月 倒れコールシリーズ(EXH-TK1)開発
11月 ツインミラー型パッシブセンサーが社団法人発明協会より発明奨励賞を受賞
2005年(平成17年) 7月 TAKEX東野ビル西館竣工
2006年(平成18年) 4月 ワイヤレス送信機が社団法人発明協会より発明等功労者賞を受賞
6月 携帯電波映像通報システムコントローラ(C-604VF)開発
8月 双方向ワイヤレスセキュリティシステム開発
11月 高所取付用パッシブセンサー(PA-8410/8420)開発
2007年(平成19年) 10月 ランダムテンキースイッチ(ACS-101)開発
10月 テンキー付非接触カードスイッチ(ACS-102)開発
10月 指紋照合スイッチ(ACS-103)開発
2008年(平成20年) 7月 トイレ用センサー(TS-7)開発
2009年(平成21年) 3月 放火監視センサー(FWS-1000/3000)開発
6月 竹中センサーグループ創業50周年を迎える
10月 新型赤外線センサー(PXB-50HF/100HF/200HF)開発
2010年(平成22年) 7月 小電力ワイヤレスシステム(4周波切替対応型)開発
10月 卓上型受信機(HC-350)開発
2011年(平成23年) 6月 屋外用炎センサー送信機(TX-124L)開発
2012年(平成24年) 1月 設立40周年を迎える

↑ページの先頭に戻る